デザートフラワー 感想

デザートフラワーの感想

デザートフラワーという映画を見ました。
黄色いパッケージが印象的なDVD。

 

デザートフラワー

 

これは、ソマリア出身で、世界的トップモデルとして知られる「ワリス・ディリー」が
波乱に満ちた半生をつづった自伝「砂漠の女ディリー」を
ワリス本人による監修のもと映画化したものです。

 

 

彼女は、13歳で結婚させられそうになったことをきっかけに幼くして故郷を逃れロンドンへと渡ります。
ロンドンで路上生活を送っていた彼女は、一流ファッションカメラマンに見いだされ
ショーモデルに転身、VOGUEなど数々の一流ファッション誌の表紙を飾るなど、
スーパーモデルとして世界的成功を収めました。

 

しかし幼いころに経験した民族の風習FGM(女性性器切除)に苦しめられた経験から、
モデルとしての絶頂期に雑誌に自身の経験を告白、国連大使としてFGM廃絶運動に奔走するようになります。

 

 

そんな驚きの半生を歩んできたワリスを、
オーディションで見出され、映像を見たワリスの息子にも「母親に似ている」と言わしめたという
トップモデルのリヤ・ケベデが演じています。

 

 

シンデレラストーリーとして銘打たれており、
原色の衣装が映えるアフリカの壮大な風景や、
大好きなファッションショーのシーン、
写真撮影のシーンなど、楽しいシーンもたくさんありますが、
このFGMを扱ったシーンは相当壮絶で、考えさせられるものでした。

 

⇒ 当サイトの相互リンク集はこちら


このページの先頭へ戻る